インベストメント不動産投資のメリット

安定した収入源

毎月の給料や年金に加えて定期的な収入があればと思ったことはありませんか?
「賃貸経営」と聞くと、まだリッチな資産家だけが行っているものと誤解されたり、投機的なイメージを持たれる方も沢山いるようです。実際はそうではございません。賃貸経営は、「不動産を入居者に貸して、きちんと家賃収入を得る」安定したビジネスです。また、最近ではお子様の教育費や老後の蓄えに早くから始める人も増えています。

インフレ対策

生活必需品などの価格は、少しずつですが上昇傾向にあります。長期的に見ると物件価格は確実に上昇しております。そして、今後も引き続きインフレーション(物価上昇)が予想されます。
もちろん家賃相場も物価の上昇に合わせて上がっていくことも予想され、これは効果的なインフレ対策となります。

相続税(贈与税)の対策

不動産投資は、相続する際にもメリットを発揮します。現金や有価証券の場合、全額を評価対象とし課税されますが、不動産なら税法上の相続評価額が、現金や有価証券の約3分の1になるのです。相続税の支払いのために、ご子息が資産を削ってしまうというのは忍びないものです。事前にしっかりと対策しておくことが大切です。相続税も軽減できる有効な方法として、不動産投資をご活用ください。
※物件により課税評価は異なります。

生命保険付き

不動産投資は生命保険に代わる役割を持った、資産運用法です。不動産ローンを利用して不動産を購入すると、「団体信用生命保険」という生命保険に加入することになります。ローンの返済期間中に万が一、不動産オーナーが死亡もしくは高度障害者になった場合は、団体信用生命保険が適用されローンの残債がなくなり、不動産を無借金の状態で家族に残すこと(相続)が出来ます。相続後、遺族は収益不動産を入居者に貸して家賃収入を得ることも、また売却してまとまった資金にすることも可能です。月々の掛け金は安く設定されているの で、一般の生命保険に加入している方は、月々の保険料と比較してみる価値があります。
※金融機関、オーナー様の状況により内容はそれぞれ異なります。

サラリーマンでも安心

オーナーになったら賃貸人を見つけたり、物件の管理業務が忙しい?
そんなイメージを持たれてる方が多いようですが、入居者の募集、日常の管理、建物メンテナンス、家賃の集金など、これらすべての業務を弊社が責任を持ってサポートいたします。全国どこにお住まいでもご安心して賃貸オーナーになれます。

よくある質問

賃借人がつかない?

物件の用途種類によって異なりますが、例えばワンルームマンションですと、賃貸層を考えますと18歳~30代のつまり独身世代の男女ですので、大学生やOL、社会人が主体です。
そんな方々が住まわれる環境及び駅近の人気沿線等で物件近隣の家賃相場等に合せた賃料設定であれば問題はございません。
それでも心配なお客様には、当社では「サブリースシステム」もございますのでご安心下さい。

火災・地震のリスクは?

古い物件ほど大きく破損率が高いようです。
弊社では、すべての物件が新耐震基準の建物をご提供しております。

基本的には地震による建物倒壊のリスクは少ないですが、ご心配の方には、地震保険の加入をお勧めしております。
※耐震設計基準の改定時期
  1970年以前を「旧耐震期」
  1971年から1980年までを「移行期」
  1981年以降を「新耐震期」