「デットクロス」とは何ですか?

取得時にはキャッシュフローが健全であった運用が、年数が経過するにつれ賃料が値下がり、経費や税金の支払いが増える(主に返済元金が多くなることで帳簿上の利益が増え、納税額が増える)ことによって、マイナスキャッシュフローの運用になることです。