03-6417-0658
10:00-19:00

イールドギャップは何%あれば安全ですか?

一般的には調達金利と期待利回りに2.5%のギャップがあるときローン期間が25年以上あることでキャッシュフローはマイナスになりにくいと言われています。
ですが、あくまで一つの目安であり、自己資金の負担額によって変動します。
赤字にならないイールドギャップの目安に関しては、こちらで詳しく説明をしております。
ぜひご覧ください。

イールドギャップとは?
投資利回りと金利との差のこと。
不動産投資で使われる場合、物件の期待利回りと調達金利の差が「イールドギャップ」としてます。 例えば物件の期待利回りが7%で借入金利が2%の場合「イールドギャップ」は5%になります。(7%-2%=5%)
イールドギャップは投資判断における重要な指標です。

■不動産投資コラム#2
赤字にならないイールドギャップの目安とは?

このページをシェアしませんか?

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter