築古物件は税務面で苦労すると聞きます

不動産の取得の場合、土地と建物をまとめて取得をします。当然築年が古くなることで、建物の比率は下がり、減価償却可能資産が小さくなりますが、逆に土地資産を大きく獲得できます。弊社の商品は、販売価格がすでに土地の実勢価格と均衡する物件もございます。税金は総合課税なので、資産全体でしっかりバランスよく取得していくことによって過剰な納税をせずに大きな資産を獲得できます。

このページをシェアしませんか?

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter