不動産投資コンサルティング

03-6417-0658
10:00-19:00

旧耐震基準

昭和56(1981)531日までの建築確認において適用されていた基準が「旧耐震基準」と呼ばれます。

震度5強程度の揺れでも建物が倒壊せず、破損したとしても補修することで生活が可能な構造基準として設定されています。

このページをシェアしませんか?

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter