03-6417-0658
10:00-19:00

コラム#32 こんな人は不動産投資はやめとけ!プロが暴露するお勧めしない人のタイプとは

コラム#32 こんな人は不動産投資はやめとけ!プロが暴露するお勧めしない人のタイプとは

筆者

これまで不動産投資に携わってきて、多くのご相談をいただいてきました。その中で、不動産投資に向いている方、反対に向いてないと感じる方もいらっしゃいます。
向いている方と向いていない方にはどんな違いがあるのか?
不動産投資はやめとけ!な方の傾向と対策に関してご説明します。

不動産投資はやめとけ!な方の傾向と対策

年収500万円以下かつ資産300万円以下の方

年収500万円以下の方は物件保有の選択肢が限られてきます。
無理をして取得してしまうと、運用に余裕が無くなり失敗する可能性も高くなります。
中でも、新築ワンルームマンション投資を取り組む場合、物件によっては危うい選択になりがちですので、しっかり合理的な検証をしてから取得をすべきだと思われます。

お得感を重要視しすぎてしまう方

「金利を徹底的に安くしたい」「物件をいかに安く買うか」と誰よりもお得に購入したいと考えている方は、物件の購入は難しいです。
一見お得に見えた物件でも、よくよく他の物件と比較・検証してみると投資的な効率が良くない場合が多いです。
むしろ損をしてしまう場合もあるので、お得感を重要視しすぎるのは危険です。収益不動産は、理論的な理解と少しの逆張りを実行するための強いハートが利益を生みます。

業者を信頼できない方

不動産業者にはまだまだ悪意ある会社も存在するのが実情ですが、業者を信頼せずご自身のみで判断し運用するのは大変危険です。
あなたの話も聞かずに自社の物件を押し売りするような業者には注意した方が良いですが、信頼できるプロを見つけ、その業者の発言に耳を傾けてみることがとても重要なのです。

不動産業者と対等な立場でコミュニケーションがとれない方

不動産業者はあなたの大きな資産形成のお手伝いをする、いわばこの先のパートナーです。
どちらが上か下かでなく、対等な立場で話すことで関係構築をすることが大切です。

節約ばかりを重視してしまう方

節約は勿論悪い事ではありません。ですが、不動産投資のコンセプトと全く異なるスタンスなのです。節約が好きな方は努力家の方が多いのではないでしょうか。
しかしながら、収益不動産においては努力は不要であり、勝手に資金と資産が貯まります。不動産の場合は努力よりも、徹底した整合性や合理性が重要であり、どうやって1万円を削減するかではありません。いかにお金が増える構造を構築するかという考え方です。
普段節約されている方は考え方にギャップが生まれてしまうかもしれませんが、不動産投資のスタンスを理解いただく必要があります。

借り入れを嫌う方

確かに、借金と聞くと怖いですよね。収益不動産取得の場合は、銀行借り入れで取得することがほとんど。
しかし、収益不動産の借り入れでは、借金を返すのは投資家本人のお財布からではありません。入居者の家賃という形で獲得する収入から返済をします。
住宅ローン、オートローン、クレジットカード等は全て、使った本人が返済する必要がありますよね。収益不動産の返済は実質的に入居者の資金を返済に充てるため大きな資産形成に繋がるのです。
もし借り入れ自体に抵抗がある方は、その抵抗を無くせない限り、収益不動産の取得は難しいです。

最後に

いかがでしょうか、あなたは上記のタイプに該当していましたか?その人の収入や資産という条件を整えるというのもありますが、不動産投資における根本的な考え方や姿勢を身につけることが大事だと考えます。
また、お客様と真摯に向き合おうとしている不動産業者も多く存在します。そのような業者と信頼関係を作りながら成功を目指していくべきだと付け加えておきましょう。

カイロスマーケティングでは不動産投資のご相談を受け付けております。投資に対してお持ちの不安や疑問を、私たちと一緒に解決していきましょう。

不動産投資FAQ動画公開中!

不動産投資初心者必見!
実際に始める際にお客様から聞かれる質問にお答えしています。