03-6417-0658
10:00-19:00

コラム#14 不動産投資のプロが教える、知っておきたい「不動産会社の種類」とは

コラム#14 不動産投資のプロが教える、知っておきたい「不動産会社の種類」とは

筆者

不動産は、普段の生活にはなくてはならないものだと言っても過言ではありません。新しい部屋を借りる時、マイホームを手にする時などが特に多いのではないでしょうか?
皆さん不動産関係の業者の方と一度は接点を持ったことがあるかと思いますが、”不動産会社”と一言でいっても実は多くの「種類」があるんです。

身近な不動産会社

不動産仲介業者

多くの方の生活に最も身近な不動産会社は、仲介業者ではないでしょうか。部屋を借りる際やマイホームの購入を検討する際、あるいはその逆で売却をしたい時にも活躍する業者です。

不動産仲介業者は、基本的な不動産取引のエキスパートです。普段多くのお客様から要望を聞いていて実務経験が豊富なため、柔軟に幅広く対応することができます。
その名の通り自社では在庫を持たずに、他社や他人が保有する商品(物件)の仲介を行なっています。その中でも、客付け業者と呼ばれる人達は、駅前等に店舗を構えながら、誰でも気軽に店舗に訪ねられるような環境で営業をしています。

HOME’SやSUUMOといった不動産ポータルサイトを見ると、物件を掲載している企業も仲介会社であることが多いです。

不動産管理会社

管理会社は、大家さん(オーナー)に代わって物件の管理をしてくれる会社です。現在住んでいる物件の問い合わせなどで不動産管理会社とやりとりをしたことがある方も多いのではないでしょうか?皆さんにとって比較的身近な会社かと思います。

オーナーからすると契約締結や退去時の立ち合い、物件の清掃やトラブルの対応など全て行うのは難しいため、物件の管理・運用を総合的に行ってくれる管理会社は、いわばパートナーのような存在です。

他にもある不動産会社の種類

売主:新築戸建業者(ビルダー)

ビルダーとは、戸建ての開発販売を行う業者です。宅地を仕入れ、開発等を行い、それを商品化し物件を流通させる業者です。
個人の顧客とは、ほとんどの場合仲介業者の紹介で接点を持ちますが、近年自社で仲介部門をもつビルダーも増えています。
不動産取引の実務(融資の斡旋や契約書の作成)についても仲介業者が行います。

売主:マンション開発業者、事業系開発業者(デベロッパー)

デベロッパーは、住まいとしてのマンションも、投資不動産としてのマンションについても開発を手掛けます。
大手のゼネコン、財閥系不動産会社、ビル開発業者、ベンチャー企業でも、すべてデベロッパーと呼ばれます。見分ける方法としては、週末の折り込みチラシや電車の中刷り広告などで、煌びやかな広告を出稿しているのがデベロッパーのわかりやすい特徴です。

売主:中古再販会社

中古再販会社とは、戸建て、マンション、アパートの中古物件を仕入れ、適切な修繕を行い、その後商品化し売却する会社です。
リフォームのノウハウを持ち、自社での開発は基本的に行いません。しかし近年では、自社での開発も行う業者も増えつつあるのが実情です。
投資系の物件を扱う業者には、自ら売主として不動産取引における実務や、投資家の運用コンサルティングとして総合的な提案ができる業者も存在します。

ブローカー

ブローカーは業者間の仲介を行ったり、権利や処理などが難しい問題のある物件を商品化する業者です。
大手仲介業者の出身者が多く、権利の交渉や、問題の解決などのプロフェッショナルです。一般的に消費者が接触することはほとんどありません。

状況に合わせた業者選びをしましょう

総合病院のようにひとつの会社で全ての機能を有する業者もいれば、上記に分けられたような専業特化型の業者もいます。
お取引をする前に、ご自分の要望をかなえることができるのはどの種類の業者なのかを確認することで、利益の最大化が期待できます。

カイロスマーケティングでは不動産投資のご相談を受け付けております。投資に対してお持ちの不安や疑問を、私たちと一緒に解決していきましょう。

不動産投資FAQ動画公開中!

不動産投資初心者必見!
実際に始める際にお客様から聞かれる質問にお答えしています。